ひとりひとりへ向けた可能性開花トレーニング
自分力をUPして、ミラクルライフを引き寄せる。無料メルマガ配信中!

能性開花ブログ

見えていない世界
No image

今日は過去記事より。。。

子どもの頃はとても視野が狭いですね
視野って言うのは生物学的な意味の
視野ではありません。

物事を大局的に見るという意味の視野です

小学校の時、何でも話せる仲良しの友達がいました。

大人になってから付き合いが復活して、その時に聞いた話にショックを 受けたことがあります

その友人は、複雑な家庭環境で とても苦労していたということ。

彼女の家庭が不和で出ていったお父さんが家にお金を入れず、 食べるものにも困っていて近所の人に
分けてもらっていたことや、 母親に連れられて長期間家出していたこと、など。

子どものころ、私の家にあったものを その友達が何回か盗んで、学校で大問題になったことがありました。

大人になって 彼女がそういうことを しないと生きていけない環境だったと知った時、そこまでの状況だったということをわかっていなかった自分に衝撃を受けました。

生活が苦しいという悩みを子供のころに話してくれたことはありましたが、 想像以上の状態だったので、
子どものころの私にはイメージ 出来なかったんだと思います

少し私のことをお話します。

明治生まれの私の祖父は、私が幼いころ大きな会社の役員で、当時、自宅まで黒い車がお迎えに来ていました。

家にお客様が来られた時は、喫茶店(当時珍しかった)からコーヒーを 運んでもらってました。

お付きの方は、出来立てのお弁当を会社まで届けていました。

祖父母はとても仲が良く、二人であちこち旅行に行ってました。

父も関連のお店を経営していました。

家庭は裕福で、私には、決まった服やさんがあり、 いつもきれいな服を着せてもらっていました。

それが当たり前でした。

どこかでみんな同じような生活をしていると当たり前に思っていました。

大人になったその友達は言いました。

私といるときは楽しくて自分の家庭環境を 忘れることが出来たと。

私の家には望むものが何でもあって夢のようだったと

私はただ、毎日自分らしく過ごしていたことで、彼女の心のオアシスになっていたということ。

そして、当たり前のように思っていたその生活が、とても恵まれた幸せに囲まれていたということを、その時 あらためて知りました。

私の父親はとても優しく、私は自由奔放に育ちました。

父はいつ何を聞いてもきちんと答えてくれました。

まるで百科事典のような父でした。

面白い遊びを教えてくれたり、不思議な自然現象を遊びの中に取り入れてくれたり。。。

父のことが大好きでした。

私のいたずらを温和なまなざしで いつも見守ってくれていました。

それに対して母はいつも 私を叱っていました。

私は幼いころ、ちょっとしたことで がみがみ言う母をあまり好きではありませんでした。

いつも妹ばかり贔屓している。。。

私のことはどうでもいいんだ…

そんな風に思っていました。

自分が母になってわかったことは、叱る母がいたから、父は優しくできたということ。

しかし子供の私にはそれがわからず、 短絡的に「叱るか叱られないか」で親の愛情を判断していました。

裕福だった環境は小学校の高学年まで。

当時大きな不慮の災難があり、 祖父の会社が倒産しました。

時代の流れが変化しつつあった頃で、再建は不可能でした。

関連のお仕事をしていた父は早々に見切りをつけて、経営者からサラリーマンになりました。

そのあとは今までのような生活を続けられなくなりました。

優しかった父が怒りっぽくなり、私はとても寂しく感じました。

きっと、精神的な余裕がなくなったのでしょう 。

しかし、私にはそれがわからず、父の私に対する愛情が急に薄らいだように思えました。

今思うと、そういう状況でも精一杯のことをしてくれたと思います。

これまでとのギャップを出来るだけ埋めてくれました。

でも当時は全く見えていませんでした。

思春期の私は 親に感謝することもなく不平不満たらたらでした。

カウンセリングでインナーチャイルドを癒すとき、その心の傷を負った原初体験にさかのぼることがあります。

その時の体験を大人の目で今見ると、大人だからこそ分かる諸事情ってものがあるのですが、子どもにはそれがわかりません。

身の周りの見えていることが すべてだからです。

それを基に身勝手な解釈が起こり、その子の中ではそれが現実世界となっています。

そして傷ついていることも多いのです。

小さな狭い世界に生きている子供は、自分が体験していることが世界のすべてです。

だから、狭い自分の視野で物事を判断します。

もしかしたら一番身勝手な時期なのかもしれません。

そして、これは子供だけの話ではなく、大人も同じです

生きる世界が広がった分だけ視野が広がり、判断も視野に合わせて総合的に出来ますが、やはり自分が知っていることがすべて。

それ以外のものはやはり見えない

凹んでいる時って特に、ネガティブな考えやイメージがグルグル頭で渦巻き、それが現実世界のように思えますが、そうではないということ。

意識がそこに集中しているから、別の世界が見えてないだけなんだということ。

だから、凹んで苦しいときは、少しだけでいいから顔を上げてほしいのです。

そこにはきっと素晴らしい世界があなたに気づいてもらえるのを待っているから。

きっときっと望む世界の入り口はすぐそこにあるから。

インナーチャイルドを味方につける

それに特化したセッションをしています。

自己肯定感を上げるオンラインセッション

疲れた心が楽になるメルマガ↓

ミラクルライフを引き寄せる自分力アップ

コーチ・フィオーレはあなたのビジョン実現をサポートします

○セミナー/セッションのご案内
受付終了と表示される場合、最新の記事からお入りください

1回の参加で「叶いました!」の報告を多数いただいています

ワクワクビジョン実現セミナー(明石)

ワクワクビジョン実現セミナー(大阪)強みを活かし楽に楽しく結果を出し続ける人生を手に入れませんか?

可能性開花コース(次回5月開催予定)

自己肯定感は成幸の土台自己肯定感を上げるオンラインセッション

自分を愛するためのエヴァセラピー

お申し込みはこちら

カサンドラ症候群の自助会 わかば会

お申し込みはこちら

リビング新聞子育て相談

記事はこちら

個人セッションについて前世療法(メルマガ読者毎月先着1名様半額) カウンセリング/コーチング

あなた(あの人)のタイプは? 無料診断はこちら ○幸せを叶えるコミュニケーション~あなたにもすぐできる~

可能性開花 強み 個性 カウンセリング ウツ うつ メンタル 心理 夢 心 こころ 主婦 女性 カサンドラ 育児 子育て 女性 自己啓発 潜在意識 神戸 明石 あなたらしさ メンタルヘルス カサンドラ症候群 引き寄せ

料メルマガ登録

毎週1~2回程度配信しています。

▼メルマガ配信例
・内なる平穏を保つ
・共創(協創)社会への兆し
・望んだ方向へ動き出しました!
・大切な人の笑顔は皆様の笑顔から